MENU
カテゴリー

Undawn(アンドーン)評価レビュー、荒廃した世界でリアルを生きるゲーム

当ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

2023年6月15日よりサービス開始したゲーム、Undawn(アンドーン)。


今作は勝利の女神NIKKEタワーオブファンタジーなどの名作を運営するLevel Infiniteが送る、ゾンビで荒廃した広大な世界を舞台に、リアルに生きていくゲームです。


そんなUndawnは

  • どんなゲーム?
  • 面白いポイントは?
  • つまらないポイントは?

について、プレイ評価レビュー。

目次

Undawn(アンドーン)ってどんなゲーム?

アンドーンは、荒廃した世界を舞台に、プレイヤーは他のプレイヤーと協力しながら生き残りをかけて戦うオープンワールドシューティングゲームです。


今作は、広大なオープンワールドの中で、

  • 銃や近接武器の製作を行いゾンビたちと戦うシューティングの要素
  • 食料や水、資源を集めたり、自分だけのキャンプを作るサバイバルな要素

が取り入れられているのが特徴。


ストーリーは一部ムービーで語られ、フルボイスではないものの雰囲気や流れを汲むことができます。

自由度の高いキャラクタークリエイト

自分の分身を作るキャラクタークリエイト。

りんかくや各パーツの位置、大きさ、広さなど自由にクリエイトすることができます。

項目が長い為、クリエイトに時間がかかりますが、自分だけの個性的なキャラクターを作成できます。

またプリセット機能もあり、クリエイトが面倒な人もそのままサクッと始められます。

広大なオープンワールドの世界を生きる

キャラクターをクリエイトしたら、ゾンビがはびこる広大な世界でサバイバルを行います。


操作は左で移動、右で装備の変更や攻撃、回避、ジャンプなどが行なえます。よくあるアクションシューティングのゲームアプリを遊んでいる人なら直感的に動かせるでしょう。

ボタン配置の変更も可能なので、自分の押しやすい所に設定しましょう。


世界はまさにサバイバル。

お腹が空いたなら料理を作って腹を満たす。

お腹を壊したらトイレで用を足す。

清潔感がほしいなら風呂に入ったり、着ている服を洗濯したりとリアルな生活を体験することができます。

良いものばかり食べすぎていると….肥満にもなります。笑


武器の製造ももちろん自給自足、調達したアイテムを駆使して強くなり、この世界を生き抜きましょう!

拠点を建設し、自由に築く

農園を手に入れたら、自分だけの拠点作りが始まります。

手に入れた素材を使って家具を作ったり、家の壁をアップグレードしたり、自分だけの理想の家を作っていきます。

必要なアイテムのために、加工して家具の素材に利用。

拠点作りも息抜きが必要!

ブランコをつけて、ゆったり時間がすぎるのもまた一興。

サバイバルライフに安心できる居住空間を作成していきましょう。

Undawn(アンドーン)の面白いポイント

アンドーンの面白いポイント
  • 広大なフィールドでサバイバルライフ
  • 自由な建築システム
  • 広大なフィールドを大冒険

広大なフィールドでサバイバルライフ

リアルなサバイバルライフを楽しめるのが面白いポイント。

シューティングアクションゲームではあるものの、動物を狩猟して食料にしたり、木を伐採して素材にしたり、まずは生き残るための必要な物を集めていきましょう。


ときには川で飲料水を汲んだり、

釣りをして魚をコレクションしたり、だらだらとした日常生活も可能。

サバイバルを行わないといけない理由に、健康管理があります。

メンタルや衛生、代謝、飢えや乾きとった体の状態を良いコンディションに保つ事で、能力を100%発揮することができます。


ときにはストレッチをしてフィジカルを整えてあげないと。

体調管理は日々の天候などでも左右されます。

夜になると気温が下がったりゾンビが多くなったりと、まさに危険な場所に早変わり。


リアルでサバイバルな生活を追体験できます。

自由な建築システム

家具を作って自由な建築が行えるのが魅力ポイントの一つ。

序盤は中々建築できないものの、素材が集まりだすと建築をするのが面白くなってきます。

他のプレイヤーと一緒に拠点を築き上げることもできるため、仲間を集め協力して広大な拠点を作りあげたいですね。

広大なフィールドを自由に冒険

自由度の高さがアンドーンの面白いポイントで、広大なフィールドを自由に冒険して好きなところに行くことができます。

バイクを出してドライブ、なんてのもいいですよね。

他のプレイヤーと協力して強大なゾンビボスを討伐しにいく、戦いの為に生きるのも一つの遊び方です。

武器や武器のアタッチメントの製作も親切で、どういった素材が必要なのか?どこで手に入るのか?詳細をいつでも確認可能。

また、様々なゲームモードも用意されており、協力プレイで戦うモードからPvPなど様々。

Undawn(アンドーン)の惜しい所

アンドーンの惜しい所
  • 操作性がややもっさり
  • スマホはコントローラーに対応していない(2023年6月段階)

操作性がややもっさりしている

このゲームの前にサービスが開始したゲーム、アースリバイバルに比べて操作性がややもっさり気味に感じました。


今作はどちらかというと、シューティング面よりサバイバル面をメインにしているのかなと感じます。

項目でエイムが合うと自動で銃が発射できたりするので、初心者でも楽しめるような工夫が盛り込まれています。


素早い操作を行うのは難しいので、シューティング面ならアースリバイバルのほうがおすすめできます。

スマホからコントローラーに対応していない(2023年6月現在)

筆者はニンテンドースイッチのプロコントローラーを持っているので、スマホに繋いでアンドーンでコントローラーが使えるのか?試してみた所。

  • 視点移動
  • 回避ボタン
  • ジャンプボタン

は反応するものの、移動や攻撃、メニューを開くといった動作を行うことができませんでした。

つまり対応していません。


PC版だと対応している可能性が高いので、今後アップデートでスマホ版でもプロコントローラーが使える可能性はあります。

Undawn(アンドーン)評価まとめ

Undawn
総合評価
( 4 )
アンドーンの面白いポイント
  • 広大なフィールドでサバイバルライフ
  • 自由な建築システム
  • 広大なフィールドを大冒険
アンドーンの惜しい所
  • 操作性がややもっさり
  • スマホはコントローラーに対応していない(2023年6月段階)

リアルなサバイバルが楽しめるシューティングアクションゲーム、といった所でしょうか。

雰囲気がPUBGや荒野に似てて親近感があったのが個人的なポイントですね。


建築でゆったりマイペースに遊ぶもよし、他のプレイヤーと協力して楽しむもよし、一つの世界として飛び込んでみてください。

タイトルUndawn(アンドーン)
配信日2023年6月15日
配信元Level Infinite
サイズ4GB
ジャンルオープンワールドサバイバルRPG
対応機種ios/Android/PC/Steam
料金基本無料/一部課金制
目次