MENU

ピクミンブルーム(Pikmin Bloom)評価レビュー、面白い所や魅力、つまらない所


2021年11月1日よりNianticよりサービス開始したゲームアプリ、ピクミンブルーム。

同作品は、ゲームキューブや任天堂スイッチ等の任天堂のゲーム機で発売されていたピクミンのスマホアプリとなります。

ピクミンといえば、「赤ピクミンは火に強い…」の曲を聞いた事がある人も少なくありませんよね。

ピクミンブルームですが、一言で表すと




かわいいピクミンと楽しく健康維持ができるゲーム

です。


そこで今回、ピクミンブルームは

  • どんなゲーム?
  • 面白いところや魅力
  • つまらない所

について、プレイ評価レビュー。


目次

ピクミンブルームってどんなゲーム?

ピクミンブルームは、ピクミンが登場するGPSアプリです。

  • 歩いて増やす
  • 歩いて咲かせる
  • 歩いてのこす

この3つがゲームの特徴となっており、とりあえず歩いて楽しむGPSゲームアプリです。

プレイヤーはピクミンを育て、引っこ抜いて増やして、ピクミンとともに歩きアイテムを回収しながら、1日の出来事を振り返っていくこととなります。

1日(21:00)に必ず、「今日はどんな日でしたか?」と調子や1日の出来事を画像を添付して残す事ができ、ポケモンGoに比べて日課、歩いて健康維持をしよう!という色が強い。

種を植えてピクミンを引っこ抜き増やす

ピクミンを増やしていく為、色のついた種を植えて、その種の数字分歩く事で育ち引っこ抜く事ができるようになります。

赤や青はもちろん、グレー、紫、ピンク、白等、様々な種を植えて様々なピクミンを増やす事ができます。

引き抜いたピクミンには名前をつける事ができ、同じピクミンでも愛情深く育ててあげられます。

種の歩数は1000歩から5000歩まであり、日課としてウォーキングを多く歩いて楽しめます。

エキスをあげて花びらをもらおう

ゲームの特徴である、歩いて咲かせるを行うには、花びらを手に入れないといけません。

ピクミンたちにエキスを食べさせる事で、ピクミンたちは花を開き、それをスワイプして花びらを手に入れる事ができます。

連れていけるピクミンたちはプレイヤーレベルで制限が解除されていき、どのピクミンを連れていくのか?も選択して楽しめます。

手に入れた花びらはタップして使う事で、フィールドに花を植えていく事ができます。

花びらは1分ごとに1消費、花植え中には苗の成長率がアップし、一度に花を植えた数が多ければ多いほど、成長率がアップします。

成長率が高いと、苗に必要な歩数が下がることに繋がるので、ウォーキング時や散歩の時は必ず花植えを行いたい所。

他のプレイヤーが植えたところも表示される為、場所によってはとんでもない数の花が表示されるようになります。

自分だけの場所を見つけて、一色だけにしたりする楽しみ方もいいですね。

他のプレイヤーもプレイしている、存在の確認もできますね。

ピクミンにおつかいをして、アイテムを回収する

散歩やウォーキングで、色々な場所を歩くと、フィールドに果物や苗等のアイテムが出現する事があります。

このアイテムはおつかいリストに入れられて、ピクミンを派遣することでピクミンが取りにいき、回収する事ができます。

遠ければ遠いほど時間がかかり、近いと1分で回収可能。

遠いと実際に和歌山県から新潟県で出現したアイテムを回収させた時、7日8時間かかると表示された事がありました。笑

おつかいで、新しい苗やパンジー等がついた特殊な果物を入手して、新しい花を獲得していきましょう。

おつかいには、キノコというロケーションもあります。

キノコはいわばレイドバトルみたいなもので、ピクミンを派遣することで攻撃し、キノコを破壊していきます。

最大5人誰でも参加可能で、都心部に行けば早くキノコを破壊できる場所があるでしょう。

キノコチャレンジをクリアすると、アイテムと必ずポストカードが手に入れる事ができます。

ポストカードは、その場所が映し出されており、ピクミンがここにきたよーっと写真に写り込んだカードが見られます。

世界各地に様々なポストカードがある為、旅行の時の思い出にもなります。

ポストカードはフレンドに贈る事も可能、他府県の友達を誘って楽しくポストカードを集めるコレクション要素が楽しいですよ。



ピクミンブルームの面白い所や魅力

1日の日課としてウォーキングや散歩をしよう、というきっかけになってくれるアプリなのが魅力的。

生活習慣病や健康維持のために、ウォーキングを取り組みたい!と考えている人もいますよね。

だけど、冬は寒い、夏は暑い、用事が多くて中々始められない人もいるでしょう。

ピクミンブルームを楽しみたいなら、歩け!!というゲームなので、きっかけ作りとしてはグッド。

かわいいピクミンを育てて癒やされたいですよね。


ポケモンGoみたいに、スポットをめぐるのではなく、歩いて楽しむゲームなのも良いところでえ、いちいち立ち止まったりする事が少ない。


レベル上げには、ミッションのような感じなので、花植えしたり「今日は後2000歩だから頑張って歩いてレベルを上げよう」という目標にもなります。

ピクミンブルームに背中を押してもらってウォーキングを始める、そのきっかけになってくれると嬉しいですね。



とにかくピクミンがかわいい

とにかくピクミンがかわいいのが魅力。

ピクミンを知らない人でも、ピクミンはキャッチーなキャラクターで愛らしく、ピクミンブルーム入りでも全然楽しむ事ができます。

派遣に出した時の目的地に歩く姿や、プレイヤーの後ろをついてくる姿、アイテムを回収してみんなで一つのアイテムを持ち上げて持ってくる姿、一つ一つが可愛らしい

ピクミンたちにはなかよし度があり、一緒に連れていったりエキスを上げたりすることでハートが増えていきます。

なかよしになると、プレゼントを取りにいって、シールを貼ったピクミンになります。

ピクミン自体に、パンがついたピクミンやハミガミ粉がついたピクミン等、様々なピクミンがいます。

気に入ったピクミンと愛でて可愛く育ててあげましょう。

ポストカードのコレクション機能

コレクション要素であるポストカードが面白い所。

公園や施設、建造物等、様々な場所はポストカードとなっていて、それをついつい集めちゃいます。

旅行にいったら見たいのがキノコの位置ですね。


キノコは必ずポストカードをドロップするので、気に入った場所のポストカードを入手できます。

フレンドと「こんなとこあったよー」なんて交流のツールにもなります。


花植えでフィールドを花いっぱいにする

ピクミンブルームの醍醐味である花植えも魅力の一つ。

どれだけ植えたのか?最後に表示されますし、みんなで花植えで友達と一緒にウォーキングを楽しんで花植えができます。

花植え後にコインを入手できます。

コインは、スペシャルスロットの購入に使う事ができ、無課金でもスロットを増やせます。

ここはありがたいです。スペシャルスロットは歩数を下げるスロットなので、大きな歩数が必要な苗のときに使いたい所ですね。

ピクミンブルームの惜しい所

ピクミン画面の操作がちょっと悪いのが惜しい所。

後からコツを教えますが、知らない人だとエキスをポンポン投げてピクミンにあげますし、アイテムを持ったピクミンと花が光っているピクミンが混合すると、一気に花が取れないときもあります。

花が多いフィールドはわかりにくくなる

花が多すぎるフィールドは、ピクミンがどの状態なのか?わかりにくくなるのが惜しい所。


アイテムをもっているのか?わかりにくく、見落としがちです。

レベルが上がるまでやることがない

プレイヤーレベルが上がるまで

  • おつかい
  • キノコ

の機能が使えないのが惜しい所。

序盤は歩いて、ピクミンを引っこ抜くだけのゲームなので、序盤はつまらないです。

チャレンジもレベル15にならないと解放されないので、キノコチャレンジをプレイするのに日数が必要です。

ピクミンブルームをプレイする上で覚えておきたい事

ピクミンブルームをプレイする上で覚えておきたいコツの一つは、エキスを長押ししてピクミンの方に近づけると、勝手にピクミンが取りにくる事です。

チュートリアルでは、スワイプしてエキスを飛ばすような描写ですが、長押ししてエキスをピクミンの方に持っていってあげたほうが非常に楽です。

これは覚えておきましょう。

笛をダブルタップでアイテムを回収できる

笛を押すことで隊列に戻るピクミンですが、アイテムを持ったピクミンがいる状態で笛をダブルタップするとアイテムを自動的に回収して入手できます。

これを覚えておけば、いちいちアイテムをタップして回収する必要がありません。

ピクミンブルーム評価まとめ

ピクミンブルームをプレイ評価レビューしてきました。

面白い所や魅力

  • 1日の日課になる、ウォーキングのきっかけになってくれる
  • とにかくピクミンがかわいい
  • ポストカードのコレクション要素
  • 花植えで友達一緒に散歩、ウォーキングが楽しめる

惜しい所

  • ピクミン画面の操作性がちょっと悪い
  • 花が多いとわかりにくくなる
  • レベルが上がるまでやることがなくつまらない


ポストカードのコレクション要素による、旅行の一つの楽しみや1日の日課でウォーキングのきっかけになってくれる、健康維持に散歩を始めたい、ウォーキングを始めたい、通勤通学で楽しみたい人におすすめです。

Pikmin Bloom

Pikmin Bloom

posted withアプリーチ