MENU

【ドラスマ】大激闘 ドラゴンスマッシュはつまらない?面白いかプレイ評価レビュー

2019年7月11日、Rudelから配信開始したゲームアプリ、大激闘ドラゴンスマッシュ。


何やら斬新なシステムを用いてゲームアプリの様です。

今回はドラゴンスマッシュをプレイレビュー。


目次

大激闘ドラゴンスマッシュってどんなゲーム?

大激闘ドラゴンスマッシュは、パズルなのにパズらない新感覚RPGゲームです。


画像を見るとパズルパートがありますが、パズルパートはほぼオートで進行され、プレイヤーはクリスタルをモンスターから守るため、デッキで編成したキャラクターを召喚してモンスター達を倒していくタワーディフェンス風RPGゲームとなります。


パズルをパズらない斬新なシステムがドラゴンスマッシュの大きな特徴でしょう。




ドラゴンスマッシュの面白い所

斬新なパズらないバトルパートが面白い所の一つです。

召喚するキャラクターにはコストが用意されていて、パズルの色と同じ色が消された際コストが貯まる仕組みになっています。


オートでパズルがコンボされていくからか、消されるパズルの色はランダム。

その為、どのキャラクターを召喚できるのかは運次第です。戦闘が長くなればなるほど全てのキャラクターを召喚できますが、序盤はほぼランダムと言って良いでしょう。


とはいえパズル要素、ほぼオートで虹のアイコンが出現したらタップする事で意図的にパズルを消すことができます。

これで召喚したいキャラクターのコストを意図的に減らすこともできます。

そしてバトルパートの面白いところは、キャラクターのレア度によってコストが違う事です。


例えばデッキの中に星5ばかりで編成してしまうと、コストが高く序盤は召喚できず一方的にクリスタルを攻撃され続けることになります。

つまりレア度が低いキャラクターでも役に立つ、高回転で召喚し続けることができるわけです。

このコスト制度がパーティ編成の奥深さを作っています。


もちろんクエストを周回する時の面倒な召喚をオートで行うこともできます。

魅力的なキャラクター育成

昔懐かしの1枚絵になった魅力的なキャラクター達を育成するのも面白いところ。

昨今のスマホアプリといえば、Live2Dでヌルヌル動くキャラクターとかフルボイスとか非常に手の込んだキャラクターイラストのゲームが多いですよね。

ドラゴンスマッシュは画像でもみてわかる通り、棒パズルゲームの様な簡素なキャラクターイラストで懐かしく感じさせられます。


育成は強化から能力開放、覚醒といったオーソドックスなスマホRPG。

好きなキャラクターを見つけ出して、育成すると良いでしょう。


様々なゲームモードとギルドバトル

ドラゴンスマッシュはストーリーモードの他に様々なイベントモードが用意されています。

これだけ?と思いますが、1番のウリはギルドバトルでしょう。


最大20人とリアルタイムでバトルが繰り広げられます。


仲間と作戦を練ってギルと本拠地を攻め落とすシミュレーションの様なバトルはハマる事間違いなし。

ギルドも最初は自動的に編成させられているので、仮に1人でギルドに入れないことがあってもギルドバトルはちゃんと楽しめます。


ガチャは回しやすい

こういったスマホアプリといえばガチャですよね。

課金が必要か?と思いきや、思っているよりガチャはガンガン引くことができます。


大体2時間で無料11連を含め、55連引くことができました。

チュートリアルが短く、リセマラもサクサクとできる為、リセマラありきで始めるのも全然あり。


大激闘ドラゴンスマッシュの惜しい所

惜しいところにガチャにスキップ機能がないところです。

新しく手に入るキャラクターは必ず演出が入るので、意外と面倒です。


タップで少し早くなりますが結果だけみたい人にとっては手間になるでしょう。



ストーリーは皆無

ストーリーはなく、ただ淡々とステージを攻略することになります。

よくあるスマホアプリなのでストーリーを楽しみたい人はつまらないと感じるでしょう。

まとめ

パズルなのにパズらない斬新なシステムと、タワーディフェンス風のバトルパートはドラゴンスマッシュでは楽しめない特徴と言えます。

ストーリーがないだけで、ギルドバトル等熱く楽しめる所もあるので、とりあえずプレイして楽しめるか?やってみる価値は全然ありますよ。

大熱闘 ドラゴンスマッシュ

大熱闘 ドラゴンスマッシュ

posted withアプリーチ