MENU
カテゴリー

SSスネーカー クリティカルダメージについて

当ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

SSスネーカーでは、通常ダメージの他にクリティカルダメージが存在します。


クリティカルが入ると大ダメージを与える事ができ、チャプター攻略やボス戦に約に立ちます。

一方でクリティカルを出すのは難しく、クリティカルが出ないボディもあります。


今回はクリティカルダメージについて紹介します。

(アップデートにより変更され内容が違う場合があります。)

目次

SSスネーカー クリティカルダメージについて

クリティカルダメージは単純計算すると、そのボディのダメージ×2倍のダメージを与えるようになります。

クリティカルを出すには、クリティカル率+○%が必須となり、初期の状態だとほぼ出ないといっていいでしょう。

クリティカルを出す時は、フェイスコアレア度エクセレントでクリティカル率+5%付与するような、装備で追加するか

クリティカルアップ

チャプター攻略中のスキル選択でクリティカル率+10%を取得する必要があります。


なお、スキル選択のクリティカル率+10%は一度とっても何回も登場し、+値を上げる事ができます。

クリティカルが出ないボディ、出るボディがある

クリティカル率アップをしても、クリティカルダメージが乗らないボディ、乗るボディがあります。

ボディ種類クリティカル
ノーマル
炎ボディ
草ボディ
氷ボディ
雷ボディ
聖ボディ

氷ボディ、雷ボディのみちょっと違います。

1つずつ見てみましょう。

ノーマルボディ

※ATK15871で検証

ノーマルボディはATK×1倍のダメージなので、クリティカルでダメージが2倍になっています。

炎ボディ

※ATK15871で検証

レベル3のファイアフィールドでATK×6倍。

15871×6=95,226×2=190452でクリティカルが乗っています。

クリティカルマークがないものの、ファイアフィールド内の他のモンスターもクリティカルダメージを与える事ができます。

草ボディ

ATK16,031で検証。

レベル3バウンドショットで3倍ダメージ。

16031×3=48093×2=96186でクリティカルが乗ります。

氷ボディ

ATK16128で検証

レベル3、フリーズピラーで6倍ダメージ。

16128×6=96768×2=193536でクリティカルが乗ります。

しかし、ピラー(氷柱)はクリティカルが乗りません。

雷ボディ

ATK16031で検証

クラウンスキルの無限の雷でATK3.5倍ダメージ。

16031×3.5=56109ですが、クリティカルマークが出ているが56109なのでクリティカルが乗っていません。

聖ボディ

ATK15871で検証

レベル3の聖反射強化でATK10倍ダメージ。

15871×10倍で158710×2=317420でクリティカルが乗っています。


雷ボディだけなぜクリティカルが乗らないのか?

雷ボディのスキルのみクリティカルが乗りません。

クリティカルマークがでてもダメージは標準と変わりません。


なぜクリティカルが乗らないのか?色々考えてみましたが、使い勝手の良さなのかなと思います。


他のボディに比べ、雷ボディはレベル3にすることで壁がない限り必中スキルになります。

1体当たれば、連鎖して普通では届かない距離の敵にもダメージを与える事ができます。


他のボディにはない特性だからなのでは?と考えてられます。

逆にいえば、雷ボディの時はクリティカルアップがいらないので、スキル選択はダメージアップ一本で強化できます。

クリティカルアップでおすすめなボディは?

クリティカルアップを使う前提でおすすめなボディは、聖ボディです。

「氷ボディじゃないの?」と思われますが、氷ボディのクリティカルは氷柱には乗らないため、1体1体でダメージが稼げません。


しかし、聖ボディはレベル3で4回聖反射される&ATK10倍ダメージなので、非常に強力なボディスキルとなります。

反射しているレーザーにもクリティカルが乗るため、運が良ければ氷ボディよりダメージを出す事ができます。


草ボディのバウンドショットも数が多いので良いですが、聖ボディはATK10倍なのでクリティカルで20倍は非常に強力です。

目次