忍者マストダイ:評価レビュー、やり込みと疾走感が面白いランゲーム

2022年12月14日とり配信開始したゲームアプリ、忍者マストダイ。


今作、一言で表すと




疾走感と爽快感あるランRPGゲーム


です。

そこで今回、忍者マストダイは

  • どんなゲーム?
  • 面白い所や魅力
  • つまらない所

について、プレイ評価レビュー。


目次

忍者マストダイってどんなゲーム?

忍者マストダイは、忍びの世界に飛び込み戦うランナーアクションゲームです。


プレイヤーは忍者となり、墨で描いた忍びの絵巻を冒険していき、世界の謎に追求していくこととなります。



ストーリーはフルボイスになっており、声優も豪華で、最初に扱えるクロは、鬼滅の刃の主人公炭治郎を担当した花江夏樹氏。

相棒として登場するシロはワンピースのトニートニーチョッパーを担当した大谷育江氏、その他SAOのキリト役を担当した松岡禎丞氏と非常に豪華声優陣が担当し、ストーリーを盛り上げてくれます。


疾走感あるアクションバトル

忍者マストダイは、横スクロールのアクションバトル。

自動的に右に進むようになっており、プレイヤーは右のボタンでジャンプ、左のボタンでスライディング。


パートで操作がかわり、ロープパートだと左のボタンで回避(ロープの上下に移動)、右でジャンプするようになります。

この操作を使って、敵の攻撃や敵を避けて進んでいきます。


時間経過でスキルが貯まり、発動することで道中にいる雑魚敵を倒す事が可能。


また、道中にはコインが配置されていて、入手することで必殺技ゲージが貯まります。

ゲージが貯まると発動することができ、ボス戦でダメージを与える事ができます。


右に走り、コインを手に入れながら敵の攻撃を避け、敵を倒していく、シンプル操作でやり込めるアクション要素が特徴です。


忍者マストダイの面白い所

ストーリーがフルボイスなのが魅力の一つ。

豪華声優陣が忍者の世界を盛り上げてくれます。

ストーリー自体も謎に迫ったり、侍が登場したりとピンチからワクワクまで盛りだくさん。


ストーリー中には、チャットを入力することで情報を載せたり感想だったりとテロップ方式で流す事ができます。

「ネタバレうざい!」という人も、会話は非表示にできるので、忍者マストダイの世界観をぐっと楽しむ事ができます。


シンプルだけどやりごたえあるアクション

操作は簡単だが、やりごたのあるアクションが面白くハマります。

敵の矢の攻撃や岩が転がってきたりと、数やタイミングで上手く回避して進んでいくリズムとテンポ感があります。

ノーダメージクリアが目標な部分もあり、緊張感あるバトルが楽しめます。


ボス戦には大量の弾幕の中をアイテムを取ったり必殺技を使って戦ったり、



ストーリーの星ゲット条件に雑魚敵を倒す事が条件で、上手くスキルを貯めて撃破数を増やしていかないとゲットできなかったりとやりごたえ抜群。

横スクロールアクションにしてはグラフィックがきれいだったり、動作が重くなったりしないのも嬉しいですね。


豊富な育成要素

横スクロールアクションって簡素なものが多いですが、忍者マストダイでは武器やステータスアップアイテム等、細部に渡るまで育成することができます。

武器は見た目から違い、かっこいいものから弓、剣、ハンマーと様々な攻撃タイプから好きな武器を装備して戦いに出る事ができます。

武器ごとにスキルが違い、プレイヤーの周りに氷柱をまといガードするものから画面内にいる敵を一掃する攻撃系まで様々。



忍具ではステータスアップが図られ、

小隊でもステータスアップが行えます。

基本は武器の育成ですが、忍者の育成やステージに合わせた武器選び等、やり込めるゲームとなっています。


様々なゲームモード

フルボイスのメインストーリーの他に、様々なゲームモードが用意されているのも面白い所。


横スクロールと言えば、チャリ走を想像する人も少なくはないでしょう。

どこまで距離を走れるのか?気になるものです。

忍者マストダイでも無限疾走モードがあり、どこまで距離を走れるのか?他のプレイヤーと記録を競う事ができます。





また、お尋ね者というモードがあり、討伐するボスをドロップし、他のプレイヤーと協力して戦うレイドボスのようなモードも搭載。

操作中に他のプレイヤーの状態が見れませんが、観戦することができ、他のプレイヤーのアクションの腕前を確認できます。




その他3VS3のPvPやイベント等、豊富なゲームモードをグッと楽しめます。


忍者マストダイのここが残念

難易度の跳ね上がり方が極端なのが惜しい所。

序盤はまったり遊べますが、急に難易度が上がる部分があり、育成をしっかりしないと簡単に倒されてしまうところがでてきます。


まあスマホゲーなので仕方ないのかなと思います。

ガチャは渋め

ガチャはSSR武器が2%と渋めになっています。

一応50連でSSR武器がでなかった場合、次回からSSR武器の確率が5%ずつ上昇する仕組みになっています。


忍者マストダイ 評価まとめ

忍者マストダイ
総合評価
( 4 )

忍者マストダイを評価レビューしてきました。

ここが面白い

ストーリーがフルボイス

やりごたえのあるアクション

豊富な育成

様々なゲームモード

ここが残念

難易度アップが極端な部分がある

ガチャは渋め、50連で5%ずつ上がる

横スクロールアクションの中でも、出来のいいゲームの部類に入るゲームだと感じました。


グラフィックもきれいですし、アクションパートもやりごたえ抜群。

PvPをガチらない限り、マイペースに進められるのも嬉しい所。


アクションなため、プレイヤースキルが求められますが、爽快感のあるゲームなので一度遊んでみてはどうでしょうか。

タイトル忍者マストダイ
配信日2022年12月14日
販売元Pandada Games
ジャンル横スクロールアクション
サイズ1.1GB
対応機種iOS/Android
料金基本プレイ無料/一部課金制
SNS(ツイッター)忍者マストダイ(公式)